« 歯磨き | トップページ | 再教育? »

6月

あっというまに6月ですね~。

衣替えの時期ですが、今日はちょっと寒い一日でした。

鮎が解禁になるのも6月1日のところが多いですね。長野は7月ですけど・・・・。

鮎といえば、先日NHKのローカルニュースで、上田市の小学生が千曲川に鮎を放流してるところをレポートしていました。

いわく、自然に親しんで欲しいウンヌン、ということでしたが・・・・ちょっと待った。paper

この時期、千曲川の上田市あたりに鮎を放流・・・・となれば、多少なりとも川と魚に詳しい人なら疑問に思うはずです。

放流されていたのは成魚の鮎。これは間違いなく鮎釣り用の放流で、子供たちは体よく「漁協の手伝い」をさせられたに過ぎません。

なぜなら鮎は降海して産卵する魚で、千曲川の上田市付近から海に出て産卵することはありませんから、釣られなくとも放っておけば秋には死滅します。

インタビューに対して「元気に育って欲しいです」と答える小学生を見て胸が痛みました。down

川をキレイにとか自然を大切にというわりには、肝心なところを教えてないんですね。

上田市あたりなら、ちょっと遠足気分で山に出かければ、いくらでも渓流魚のすむ川があるはずで、そういうところに禁漁区でも設定したうえで、自然再生産可能なヤマメなりイワナなりを放流すればいいものを・・・・。

そんなことすら考えの及ばない人たちが教育を担っているんですから、困ったものです。

無論、放流自体が実は悪影響があるという説は知っていますが、だからといってあえて死滅魚を小学生に放流させるという話にはならないはずです。この放流作業を進めた人物がそこまで考えていたとは思えません。

まずはセンセイがたがもっと自然に親しみ理解を深める必要があるようですね。angry

さてそれはいいとして。coldsweats01

この時期、川の近くにいくとこんな白い花をつけた木が非常に目立ちます。

Acasia00

場所によっては川岸一面が白くなっているところもあるくらい。

花を拡大するとこんな感じです。

Acasia01

この辺の人は「アカシア」と言ってますが、正確には「ニセアカシア」ですね。和名はハリエンジュ。

とても甘い香りのする花で、「アカシアはちみつ」は実はこのニセアカシアの蜜です。ああややこしい(笑)。

アカシア蜂蜜は大変おいしいらしく、外来種ゆえに根絶しようという話が出たときには、養蜂業者が大反対したんだとか。

こういう話も考えさせられますが、実際問題完全に根絶することは難しいでしょうし、既にある以上「いかにうまく利用していくか」しかないんじゃないかと思うんですよね。

北海道でブラウントラウト(欧州原産の鱒)が増え(たと主張され)、例のごとく「外来種排除」のをのたまう人たちがいたのには苦笑しました。アイヌの人たちから見たらあなたたちこそ・・・・。

Rick00

おっと、また毒舌モードになってたね。coldsweats01

Rick01

それがニセアカシアの花のニオイだよ。

天ぷらにして食べるとおいしいらしいよ?

Rick02_2

でも花以外には毒があるって言うしな~。

人が大丈夫でもワンコには良くないかもしれないからダメ~。bearing

Rick03

もしかして最初からそれ狙ってなかった?coldsweats02

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ  ←ポチっとしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村

|

« 歯磨き | トップページ | 再教育? »

自然」カテゴリの記事

コメント

あはは、ちょっと耳が痛いかも^^;
こちらでもイワナの放流やります、それも家の魚で・・・。
たしかに「漁協の手伝い」なんですよね^^;

へ~これが「アカシアの蜂蜜」の元の花なんですか~^^
ちょっと見、藤のようですね。
どこにでもある花なんでしょうか?
もしかして藤の花と思っていた花がニセアカシアだったりして^^;
リック君、いちご貰ったの~、美味しそう^^


投稿: メイのおかあ | 2009年6月 2日 (火) 12時44分

あー、私もパフォーマンス的な自然保護?運動には疑問です!森林だって、子供と植林なんて言っても、何故針葉樹?広葉樹じゃないの?数年前の岡谷の土砂崩れでは、住民たちが広葉樹を植えています。生態系を考えるなら、広葉樹ですよね。あっ!ワン子とはあまり関係ないけど、いつも思っていたので、同感同感、つい興奮してしまいました。

投稿: ぶなママ | 2009年6月 2日 (火) 23時35分

メイちゃんのおかあさん、ありがとうございます。

まあ放流自体は悪い事じゃないと思うんですけどね~。
あくまでイベントとして楽しむならいいけど
本来の生態系とかとかけ離れたことをやっておいて
自然を云々するのはやめて欲しいな~と。coldsweats01

この辺だとニセアカシアは大量にありますよ。
生育が非常に早いので川岸などを造成した際の
土留めとして植えられたものが増えているようです。
丸くてちょっとちいさい葉っぱがたくさん付くので
フジと区別できると思います。

投稿: とんすけ | 2009年6月 4日 (木) 00時46分

ぶなママさん、ありがとうございます。

自然保護、って言葉も実はあまり好きじゃないんですよね~。
人間ごときが自然を保護してやろうなんて不遜じゃないのかと(笑)。
結局、人間にとって広い意味で都合の良い状態の自然を
保持しようってだけでそれは保護って言わないんじゃないの?と。
あくまで科学者の視点を忘れたくないものです。

投稿: とんすけ | 2009年6月 4日 (木) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147190/29903974

この記事へのトラックバック一覧です: 6月:

« 歯磨き | トップページ | 再教育? »